近畿地方の名山に登る

近畿地方の名山に登る

比叡山、金剛山に登る

和歌山、滋賀県、三重県、奈良県、兵庫県、京都府、大阪府と本州の中心から西部に位置する地域が近畿地方です。
近畿地方にある山々は、伊吹山地、六甲山地、紀伊山地などに含まれており、名山が揃っています。
登山者で人気がある近畿地方の山はどのようなタイプの山になっているのでしょうか。

京都で人気の比叡山

比叡山

世界遺産にもなっている延暦寺がある比叡山は、昔から信仰をする場所として崇められてきました。
日本の歴史、日本人にとっても馴染み深い山となっています。
延暦寺に行く方法としてロープウェーがかけられており、簡単に行き来できるようになっていますが、歩きでも比叡山に登ることはできます。
登山コースはいくつか存在しており、主に京都から登るルートと滋賀から登るルートの2つに分かれています。
お勧めは京都市内の景色を眺めることができる京都からのルートです。
標高もそこまで高くないので登山初心者向けとなっています。頂上の延暦寺に近づくにつれ、お経の声が聞こえてきます。

安定した人気を誇る金剛山

金剛山

奈良県と大阪府の堺にある金剛山は、登山者から圧倒的な人気を誇っている山です。
標高1125mとそこまで高くないので、初心者の方でも気軽るに登ることができます。
頂上までローブウェーで行くことができますが、四季を直接肌で感じるのであれば、登山コースの方が良いです。
春夏は豊かな緑と花を楽しむことができ、秋冬は紅葉と霧氷が覆うことでとても魅力的な景観をみることができます。
登山道もちゃんと整備されており、1年中登山客で賑わっています。
途中にはちょっとしたお店や売店も揃っているので、お腹が空けばそこで緑を楽しみながら食事を摂ることができます。
近畿地方の山を登るならば、まずは金剛山に登ってみてはいかがでしょうか。