北海道の名山に登る

北海道の名山に登る

トムラウシ山、十勝岳に登る

大自然が広がっている広大な土地、北海道にはたくさんの名山があります。
「日本百名山」でも、利尻岳、羅臼岳、斜里岳、阿寒岳、大雪山、トムラウシ、十勝岳、幌尻岳、後方羊蹄岳の9つの名前が挙がっています。1番山が多く記載されている都道府県となっているのが北海道なのです。

トムラウシ山

トムラウシ山

今、北海道で登山家たちに人気が出ている山が日本百名山も名前がある、「トムラウシ山」です。
トムラウシ山は、登山途中でテントを張って野営をしなければ登ることができない上級者向けの山でしたが、近年、新しいコースができてからは比較的楽に登ることができるようになりました。
北海道上川郡美瑛町にある山であり、美瑛町はドラマや映画のロケ地になるほど綺麗な自然が溢れる土地となっています。
トムラウシ山も素晴らしい景観となっています。

 

登山の経験があり、ある程度体力がある方であれば日帰りでも登山をすることが可能です。
登山時間はおおよそ6時間程度。登山スタートはトムラウシ温泉からとなっています。
北海道の山で景観が1番良いのはトムラウシ山と言われるほど、素晴らしい景色を楽しみながら登山することができます。

十勝岳

十勝岳

そして、もうひとつ人気がある山が「十勝岳」です。
トムラウシ山と同じく、日本百名山のひとつとなっています。
十勝岳は、空知郡上富良野町・上川郡美瑛町・新得町にまたがっています。標高は2077mです。
山の麓には旅館やホテル、温泉がたくさん存在しており、人気がある山だと伺うことができます。

 

十勝岳の特徴といえるのは、十勝連峰を一望できるということ。十勝連峰の最高峰を誇っている岳なので、大自然を身近に感じられるものとなっています。
春、夏、秋、冬と季節によって様々な姿を見せる山であり、高山植物がたくさん生えていることでも有名です。
登山初心者には少し難しいですが、景観と人気ともに急上昇中の北海道の山となっています。