登山ウェア

登山ウェア

夏でも1枚持っておくべき防寒着

登山ウェア

思わぬ落とし穴に注意

登山初心者が間違いをおこしやすいのが登山ウェア選びです。動きやすさのみにとらわれ、間違った登山ウェア選びをしてしまうと命に関わる場合もあり注意が必要です。

天候の変化、気温の変化が激しい登山の最中は、寒くなったり暑くなったり、汗をかくこともあれば寒さに凍えそうになることもあります。

登山ウェアは重ね着が基本

基本的に登山ウェアは重ね着をすることをお勧めします。登山では昼間と朝、夜の寒暖の差はとても激しいので簡単に着たり脱いだりして調節できるようにしましょう。

まず、インナーウェアです。保温性に優れまた汗を吸収したり乾燥させる機能ができるものを選びましょう。直に肌に身につけるものですから肌触りの良い窮屈でないものがおすすめです。

次にアンダーウェアです。通気性に優れ、蒸れの少ないものを選べば快適に過ごすことができます。

一番外側になるアウターウェアに関しては特に種類が豊富です。アウターウェアは水をはじく素材や、風を通しにくいものを選ぶようにするべきです。特に撥水素材であれば急な雨にでも対応でき安心です。

またアウターウェアはデザインも豊富にあり、自分の個性を発揮するポイントになります。。最近では女性への登山人気も高まりデザインもおしゃれで豊富です。山の中でもおしゃれをしたいという最近のニーズに合わせて街中でも十分通用するデザイン性の高いウェアが数多く販売されています。

しかし、見た目より機能性が重要であることが大前提です。登山ウェアは体温を維持したり、転倒などから身体を守る大切なものですからきちんとした品質のものを選ぶ必要があります

季節はもちろん、登山の難易度や動きやすさなど総合的に判断してウェア選びをすることが大切です。

登山ウェアのレンタル

登山ウェアはできるだけ登山専用のものを使うようにしましょう。防寒性能や速乾性、通気性、伸縮性など登山に適した機能を備えています。

ウェアの性能で疲労度も変わってくるといいます。ですから登山初心者だからこそウェアの機能性にこだわってみるのはいかがでしょうか。できればゴアテックス製がおすすめです。

最初から高価なウェアは買う必要ありませんが、安すぎるウェアだとあまり意味がありません。レンタルという選択肢があることをご紹介いたします。

夏の富士山でも頂上付近はかなり冷え込みます。防寒対策を忘れずに。

軽量ダウンジャケット フリース トレッキングパンツ

軽量防寒着

1泊2日 3,000円

2泊3日 3,500円

(参考購入価格 18,000円)

フリース

1泊2日 2,500円

2泊3日 3,000円

(参考購入価格 10,000円)

トレッキングパンツ

1泊2日 2,500円

2泊3日 3,000円

(参考購入価格 9,000円)

お得なフルセット、3点セットなどもあります。

.