登山初心者の注意点

登山初心者の注意点

気軽な気持ちで登山に挑戦するのは危険

日本の名山を紹介

登山初心者の方に必ず頭に入れておいてほしい注意点があります。

まず、山選びについてです。山を選ぶ時にここならいけるだろうと自己判断せず、必ず経験者の人に相談をしましょう。ガイドブックだけでは解らない落とし穴がある可能性があります。

山の難易度は標高だけでは計れません。また同じ山でも難易度が異なるコースもあり、コース選択や休憩のタイミングなど経験者のアドバイスが必要です。

登山を楽しむために

登山は行きだけでなく帰りこそ体力を使います。登りより足に負担がかかるのが下りと言われています。

山頂に到達した達成感から油断してはいけません。また時間も夕方に差し掛かっている場合もあり、明るいうちに下山する必要があります。

そのためにも事前に登山計画をしっかりと立てるこがとても大切なのです。

また山から自宅へ帰る運転中に事故を起こしてしまう場合もありますので注意しましょう。いくら下山して登山口まで戻ってきたとしても、登山口がかなり標高の高い山奥にある場合がほとんどです。

食糧やケータイ電話のバッテリー、車の燃料から時間配分まで、すべてを余裕をもって準備することが登山の安心につながり、それは快適で楽しい登山へつながります。

登山の道具を揃えること

基本のウェア、装備、靴は必ず事前に身につけて無理が無いか確認しておきましょう。靴については皆さん注意を払うものですが、特にリュックやザックは荷物を入れて背負ってみた時の負担は時間がたたないと解らないものです。登山に出掛ける前に実際に荷物を入れた状態で散歩をして見ましょう。

購入することが難しい場合は、登山道具をレンタルしているショップもあるのでそれを利用することも手です。

簡単なコースだから大丈夫、自分は体力があるから大丈夫と過信せず、何があるか解らないと常に意識をすることが大切です。気軽な気持ちで登山に挑戦するのは危険です。一人で登る時もチームで登る時もペース配分に注意し、余裕のある登山を心がけましょう。

余裕のある登山計画を