登山のテント

登山のテント

登山のテントは重量が重要

軽くて丈夫なものを

テント

キャンプなどで使うテントは大きくて便利ですが、大変重いため登山には適しません。登山には登山用のテントをきちんと用意しておく必要があります。

テントも荷物ですからなるべく軽いものを選ぶほうがいいでしょう。ポールなどの素材も様々ですが荷物にきちんと納まるものを選びましょう。

耐久性も大切

軽いテントといってもただ軽ければいいというわけではありません。軽くするために耐久性が弱くては危険です。キャンプなどでテントを張る場合と違い、登山途中にテントを張る時は生地にも注意が必要です。あまり薄い弱いものを選んでしまうと破れやすく、また保温性も低いです。

テントの対応人数もチェックしましょう。余裕があるサイズを選んでしまうとその分重くなるのでおすすめしません。キャンプでは大きいサイズが快適で便利ですが登山では全く違う考えになります。

登山でのテント泊をするとなると、テント以外にも必要なものが増えます。できるだけ軽量コンパクトなものが良いでしょう。

テント泊に必要な持ち物

ペグやロープなどテントを張るために必要な道具に、寝袋はもちろん、マット、ランタンなどの寝泊りに必要なものに加え、調理器具や食材も必要になります。

コンロ、食器、食材、バーナー、調理器具など荷物が大幅に増えるのです。それに合わせ、大型のザックを用意します。

テントの設営場所に注意

地面によってはテントが張りづらい場合もあります。自立式のテントならば地面にペグを打ち込む必要が無いため場所を選ばずテントを建てる事ができます。非自立式のテントの場合、地面にペグを打ち込む必要があるので飛ばされたり倒れたりする危険は少なくなりますが、あまりにも硬い地面だとテントを建てるのが難しくなります。

また、危険な場所にはテントを設営しないようにしてください。崖の下や沢沿いは落石や増水の恐れがあるため避けるのが無難です。

予めテントを建てる予定がある場合以外にも、万が一の時に命を救うポイントになるのがテントです。どのようなテントが目的に合うのか吟味して賢いテント選びをしていきましょう。