登山グッズ スノーシュ

真っ白な雪原を歩く

スノーシューで雪原をゆく

未踏の雪原を進む快感

スノーシューというものをご存知でしょうか。

日本の「かんじき」のように、雪の上を歩くための道具です。

スノーシューを履くことで、普通では歩くことができない雪深い雪原を進むことができるのです。

スノーシューの特徴

まず、日本の伝統的なかんじきと違うところは材質です。

かんじきは木材でつくられます。地域によって使われる木材の種類は様々でネバリのある強い木が使われます。固定には縄が使われ装着するにはコツが必要です。

一方、スノーシューはアルミやチタンなどの軽金属で、ゴムや塩化ビニールなども使用されています。スノーボードのビンディングと似た構造の固定具で装着します。

スノーシューはかかとが浮くように作られており、前方への歩行がかんじきと比べ楽に行えるのが特徴です。

また、様々な冬山、雪面に対応した種類のスノーシューが開発されています。

普通の登山では必要ありません

スノーシューを装着して行く登山をスノーシューイングと言います。スノーシューとは西洋のかんじきのようなもので、雪道を歩くのに適した道具です。普通の登山では必要ありませんが、冬の雪山登山に行くとなると必ず必要です。
一面が深い雪に包まれた中を歩くには登山靴だけだと一歩歩くと雪の中に沈んでしまい、なかなか前に進むことが出来ません。それがスノーシューを使えば、登山経験者はもちろん、登山に慣れていない人でも簡単に雪道を歩いていけるのです。
普段雪を歩くと言うことが無い人にはそんなに雪の中を真っ直ぐに歩くことがすごいことだと気がついていないでしょうが、これは革新的にすごいことなのです。
今まで雪深い道を歩いての登山は初心者には無理でした。それがスノーシューを使うことで優れた登山経験者のように雪道を歩いていけるので驚きです。このように、スノーシューが出来たことによって誰でも雪山登山に挑戦できるようになって、今までより多くの人が美しい銀世界に立つようになりました。