登山グッズ ストック

登山グッズ ストック

登山には欠かせない道具の一つ

ストックはステッキとも呼ぶので、そう聞くとお年寄りの杖のように思えますが、今では登山には欠かせない道具の一つです。

 

足腰に自信の無い人でも山登りが出来るようになったのはこのストックのお陰です。ストックは体のバランスを取る助けになり、足腰の負担も軽くしてくれるので今まで自力のみで登っていたのがストックに助けられることによって登山がかなり楽になりました。

 

ストックが流行り始めた頃は、一本で十分と言う人もいましたが、一本ではバランスが悪くなり、体を支えるにはやはり二本必要と言うことで、二本持つのが主流になりました。
両手両足の力を地面に伝えてグイグイ進める間隔は一度味わうとストックは手放せなくなります。とくに下山時に足を痛める人が多いのですが、足の負担を減らすことができるのがストックの大きなメリットです。またバランスを崩した時にストックをついて立て直すことができるので、転倒や怪我の防止にも役に立ちます。

 

デメリットとしては、ストック自体が荷物になってしまうことです。そしてストックに使い慣れてしまうとストックに頼る歩き方になってしまうという問題があります。
ストックを使うべき場所と使わないほうが良い場所の判断は経験者の助言に従いましょう。

 

手に持つ場所のグリップは形が何種類かあります。お年寄りが持つステッキの形のT型や、スキーのストックのようなI型、T型、I型両方の形を兼ね合わせたようなマルチムドグリップがあって、使う人の好みにあわせて決めるのが良いです。

 

昔、冬山ではピッケルがこのストックの変わりに杖として使用されていたものですが、ピッケルより軽くて、十分な長さもあって手に握りやすいとあっては、やはり杖として使うのであればストックになってしまいます。