登山のシーズン

登山のシーズン

シーズンに合わせた知識を頭に入れておきましょう

季節に合わせた準備

登山にチャレンジするシーズンによっても注意点が違ってきます。それぞれのシーズンに合わせた知識を頭に入れておきましょう。
標高が低い山だからといってピクニック気分の準備で登山をするのは考えものです。

春の登山

まず、春の季節についてお話します。春の山というのは穏やかで特に初心者の方などにハイキングコースとして賑わう季節です。しかし低い山ですとそれほどでもありませんが、高めの山になってくると山頂付近はまだまだ冷え込む可能性がありますので注意が必要です。中には雪が多く残っている場合もあるので事前に確認をしておきましょう。

夏の登山

次に、初夏〜夏の季節です。梅雨の時期ですとその日は晴れていても足元が緩んでいる場合が多く注意が必要です。ゆるやかなコースでも滑りにくい靴を選んでおきましょう。ストックなども便利です。雨具は勿論、装備も撥水のものを選ぶなど急な雨への対策を忘れないようにしてください。

秋の登山

秋は紅葉の季節ですので、登山コースの利用者もピークを迎えるころです。9月〜10月前半にかけては天候も落ち着き比較的穏やかですが、11月に近づくにつれて高い山では冬山になります。初心者の方は9月ごろにチャレンジするのが良いでしょう。急な雨が多いのはこの季節ですから対策をしておきましょう。

冬の登山

冬の山は空気も澄み気持ちが良いものです。低い山であればまだまだ穏やかに登山をすることができます。しかし高い山になってくると積雪も有り上級者向けになります。日没も早くなりますから日帰りの場合は夏場よりも早めの下山時刻を設定しておきましょう。

 

どのシーズンでも山の魅力はあります。ウェアや装備を事前に確認し、各季節のポイントを把握し登山を楽しみましょう。