登山グッズ ピッケル

登山グッズ ピッケル

つるはしのような形の道具

ピッケルとは雪山に登るときに使うつるはしのような形の道具です。
使い方は、氷のような坂道をとがった先で突き刺して、ピッケルを持ったまま体を引っ張り挙げるのに使うとか、現在ではストックが使われていますが、杖代わりにもなり体を支えてくれたり、強い風邪から荷物を守る重しにもなり、テントのペグとしても使えると言う便利なものなのです。
何よりピッケルは冬山を制したい、と思っている登山家達にはどうしても持っておきたい道具なのです。実際ピッケルが活躍するときは冬山のみですから、使う回数は他の道具に比べたら少ないものです。
しかもお値段は決して安いものでは無いのですが、それでもピッケルは登山家達の憧れの道具です。それは、登山家であるがゆえの美意識によるものです。侍が刀を持つのを当然とするように登山家達にはピッケルを持つことで真の登山家になった気持ちになるのです。
そのためか山道具のお店に行くとピッケルが山登りのシンボルのように壁に飾られている店が沢山あります。

ピッケルの種類

ピッケルには用途に合わせて適するモデルが異なります。
ピッケルの主な用途は、

  • ピッケルの主な役割には杖としてバランスを取るために使用する
  • 急斜面で突き刺して手がかり足がかりにするために使用する
  • 転倒時に滑落を防止するために使用する

などがあります。
杖としての用途がメインであればシャフトが真っ直ぐなものを、
硬い氷に突き立てながら登り降りをすることが多い場合は、ピックが丈夫なものを選んでください。
シャフトがカーブしているものは急な斜面を登る際に使いやすくなっています。
アイスクライミングに特化したピッケルの種類もあります。
ブレードの部分がハンマーになっていたり、よりシャフトが短く険しい氷に対応できるようになっています。
ピッケルの扱いには経験が必要です。冬山への挑戦は慎重にしましょう。