登山グッズ 寝袋

登山グッズ 寝袋

中綿の素材にはダウンと化繊の2種類ががある

用途に合わせて選択

寝袋

最近はホームセンターでも良く見かける寝袋ですが、登山で使うにはどんな寒さでもこれさえあれば大丈夫だと言える本格的なものが必要です。

特に冬山用の寝袋と3シーズン用、夏用の寝袋では全く異なるものです。睡眠時の体温低下は命に係わる危険があります。

しっかりとした寝袋選び、山の中での宿泊を楽しみましょう。

寝袋の選び方

登山用の寝袋はシュラフとも呼ばれて蓑虫のような形で体全体を包むような形状をしています。この形が自分の体温を利用して暖かく保つための効率的な形状なのです。

サイズは使う人の背丈と変わらないものの方が体にフィットして暖かさが増します。

寝袋の種類

最低使用温度5℃〜10℃の夏用、-5℃〜5℃の3シーズン用。3シーズン用は標高の高い夏山や秋のキャンプ場などに適しています。

そして-5℃以下に耐えうる冬用があります。さらに厳冬期用というものもあります。

使用時期や使用場所、環境により一概には言えませんので、寝袋を選ぶときはアウトドアショップのスタッフや経験のある登山の先輩にアドバイスをもらうのがよいでしょう。

寝袋は荷物になる

布団にしては小さなものですが、荷物としてはやはり大きなものなので、持ち運び方としてはリュックの中には入れずに外側にくくリつけて運んだりします。

寝袋の中綿の素材にはダウンと化繊の2種類があって、ダウンのほうが軽くて暖かくてコンパクトと機能的には優れていますが水に弱いのでメンテナンスに気をつけなければなりません。

化繊の寝袋はメンテナンスが簡単で、値段も安いですが、ダウンより重くて持ち運びには向きません。車でキャンプで使うときは化繊の寝袋で十分ですが、自分で運んで行く登山の寝袋ではダウンがお勧めです。