登山の計画

登山の計画

必ず綿密に計画を立てる必要があります

事前の計画とゆとりを持った行動

登山者の準備

登山に行く前には、必ず綿密に計画を立てる必要があります。思い立ったら吉日、とばかりに出発するのは無鉄砲と言うものです。
まず、目的の場所を決めます。この季節なら何処の山に行くのがふさわしいか、その中で自分の希望に合う山を選び、それから計画を立てて行きます。

交通アクセスを調べる

次に目的の山への行き方を調べていきます。電車やバスをどう乗り継いでいけば一番山に近い駅までたどり着けるのかを調べて、行きと帰りの時間も見ておきます。現地に滞在する時間内に沢山楽しめるように、いろんなコースにどれだけ回れるかも調べておくと便利です。
また、車で行く場合には駐車場についても調べる必要があります。マイカー規制がしかれているエリアもあるので注意が必要です。登山開始地点と下山場所が違う場合に、自分が車を止めた場所まで戻る手段を用意して置かなければ帰れません。登山口から下山口までマイカーを回想してくれるサービスや、シャトルバスなどがあることもあるので調べてみるとよいでしょう。

登山計画書

後はその中にお昼の時間、休憩に取る時間を考えて、出発から帰るまでの時間の中でどのように行動するか決めて計画書を作成していきます。休憩に適した広くなっている場所があるかどうか、また日帰りの登山であっても、途中で水汲みが出来る場所はあるのか、トイレはあるのかなどをチェックしましょう。それによって持ち物を減らすことが出来る場合があります。
当日は出来るだけ計画通りに行動すれば電車やバスにもゆとりを持って乗り降りすることが出来て、山登りでも決めた時間通りに歩いて行けば途中で焦ることなく目的のコースを全て回りきることが出来ます。このように細心の注意を持って計画通り行動すれば気持ちよい登山が出来るのです。