冬の登山

冬の登山

美しい銀世界を目指す登山

冬山

冬山登山。それは、命をかけた贅沢なアクティビティ。

なぜ、人は山を登るのか。しかもなぜ、人は動物さえも足を踏み入れない極限の地、白銀の冬山を登るのか。

 

美しい。ただただ美しい。

危険を冒してまで冬山に登るには、どんな理由があるのでしょうか。
平地の真冬など比べものにならない森林限界の向こう側には、氷と雪に閉ざされた世界が広がります。
パウダースノウの猛烈な吹雪、露出した肌はたちまち凍傷の危険にさらされ、いつ雪崩が起こるともわからない恐怖。
それでも愛好家は冬山に挑むのです。危険を冒してまでも、それ以上に得られるものがあるからなのです。
山はそれぞれの季節に様々な表情をみせます。とりわけ冬の山の絶景は人々魅了してやみません。

 

冬山登山は経験者限定

過酷な環境に挑む冬山登山。挑むという表現が適切でしょう。命をかけて挑むといっても差し支えないくらいです。
装備の量も夏山登山とは比べ物にならないものになります。
靴とザックとレインウェアさえ揃えれば登れる夏とは全く違うものだと思う必要があります。
アイゼン、ピッケル、スノーシュー、さらにはアイスハンマーなどの雪と氷に立ち向かうための装備に加え、防寒対策を完璧にしなければそれは死につながります。
装備を整え、危機管理、冬山の知識、判断力、基礎体力、チームワークなど専門知識と精神力、経験値が高いレベルで備わっている必要があります。

万全すぎる対策を

冬山

冬になると山は白く染まり、夏山の景色と全く違う世界になります。真っ白で静かな銀世界。そこへ行ってみたい、自分の足で立ってみたい、感動を味わいたい、と登山者達は雪山に挑みます。

よほどの寒い地方でなければあたり一面雪景色などそうそう見られるものではありません。美しい銀世界を目指す登山は心はずむものですが、その分危険もあります。

冬山は危険なことは登山者は承知しているでしょうが、どんなに安全対策を重ねたとしても危険を完全に取り除くことはできないのです。冬山は雪崩の危険、天候の急激な変化など様々な要因が重なり、最悪のケースでは遭難してしまう恐れもあります。優れた登山の経験を持った人でも遭難する確立はあるのです。

必ず複数の経験者を含むチームを作ることが必要です。何人かの経験者がいれば、途中道に迷うことがあっても来た道と過去の情報で最初にいた場所までたどり着く確立はかなり高くなります。冬山で危険を感じたときは食料を幾分残しておくと言う用心深さも必要です。遭難したときに備えておく、このことが出来る人が冬山を制することが出来るのです。

何度も言うようですが、冬山にぜったい大丈夫という安全策はありません。できる限りの準備をしてその危険性をゼロに近づける努力を怠らないことです。

自然相手ですので、引き返すポイントを見極めることも重要です。決して無理はしないこと、安全が第一であるということを常に念頭に置いて行動しましょう。

冬山登山装備

  • 冬用登山靴
  • アイゼン
  • ピッケル
  • ストック
  • サングラス
  • ゴーグル
  • ビーコン

上記は必要な装備の一部です。