富士山に登る

富士山に登る

富士山へ挑戦する方へ

富士山登山の経験者と登ること

富士山

富士山へ挑戦する方へ登山のポイントをお話します。第一に経験者の方と一緒に登るのが必須です。決して富士山初挑戦の人のみでチームを組まない事です。登山のペースを把握し、調節できる人がいないと大変危険です。特に8合目付近になると極端に酸素濃度が下がりますので高山病になってしまう可能性が高まります。

体力を過信しないこと

体力があるからと自分を過信するのではなくゆっくりゆっくりを心がけましょう。高所に身体がなれるようにあえてスローペースで登るのが大切です。また下山のほうが体力を消耗しますので日帰り登山の場合はその点も頭に入れておかないといけません。

 

富士山は大変人気な登山コースです。シーズン中は登山者で渋滞になるほどです。観光気分で周りの状況を良く見ていないとマナー違反になってしまいます。前の人が遅いからと抜かしたり、急に立ち止まったりしないようにしましょう。ゴミはどんなに小さなものでも必ず持ち帰りましょう。山小屋などでもゴミは引き取ってくれません。

 

ついつい忘れがちなのがトイレの事です。富士山では公衆のトイレ、山小屋のトイレが利用できますが、ペーパーなどがかならず準備されているわけではありません。特にポケットティッシュなどはトイレを詰まらせてしまう原因になるのでロールを1つ持っておく方がよいでしょう。山小屋のトイレは100円〜200円お金が必要な場合もあるので小銭があれば便利です。

 

最後に登り始めはぽかぽかと暖かくても山頂付近は夏場でも10度以下ですので大変寒いです。登山中にも調節できるよう持ち運びのしやすい防寒具を1枚荷物にプラスしておきましょう。

人気の富士山だが、気軽なレジャー感覚で登らないこと

前述したように、富士山は標高も高く気温も低くなります。酸素が薄く、披露もピークを迎えます。
しっかりと経験者の助言に従い準備と計画を怠らないようにしましょう。

無理はせず、引き返すことも頭の片隅においておきましょう。富士山は日本一の素晴らしい山です。
登る価値のある山であることは間違いありません。ぜひ安全な登山で山頂を目指してください。