車での登山のデメリット

車での登山のデメリット

マイカー登山で気をつけること

登山を行う人も増えてきましたが、最近は足で登る以外にも車で登山を行うマイカー登山をする人も多くなっています。
マイカー登山を行うメリットは様々ですが、その中の一つに登山口まで行くのがとても簡単と言うことが挙げられます。
確かに登山口まで行くのに時間がかかると、その後の時間も遅くなります。
その点マイカー登山であれば、時間の心配をする必要もありません。
しかしデメリットもありますのでよく把握しておく必要があります。

 

■マイカー登山のデメリットについて

 

マイカー登山はいい点ばかりが目立ちますが、もちろんデメリットもありますので注意してください。
まずマイカーを置いている所まで下山をする必要があることです。
このよう問題を回避するために、様々な方法を試してみるのもいいでしょう。
例えばまず下山口に車を停車した後、タクシーやバスなどで登山口へ向かう方法や、2台の車を使って下山口に車を1台停車して、残りの1台で登山口へ向かう方法もあります。
このようにして、マイカー登山のデメリットを回避できます。

 

そのほかのデメリットとしては、事故の危険性があるという点があります。
マイカー登山は山道を進むことになりますので、狭い林道を進むことも多々あります。
そのため狭い道が多い場合、事故の危険性も出てきます。
幸いにもまだ事故に遭遇していない方も、慎重に運転を行ってください。
山道には崖崩れや林道の落石、また故障車などもありますので十分注意してください。