日本百名山とは

日本百名山とは

深田久弥氏が日本の山から100の山を選抜

日本の名山を紹介

山好きならば耳にしたことはある「日本百名山」
1964年に出版された著書です。作者は、小説家兼登山家でもある深田久弥さんです。
日本百名山は深田さんが直接登ったことのある山の中から、日本の山から100の山を選び抜いて紹介しています。

百名山の選定基準

日本の山は威厳があり、神々が住んでいる神聖な場所と昔から言われてきていますが、この日本百名山は3つの基準によって選りすぐりの山々を深田さんが記しています。
その3つの基準とは、「品格」「個性」「歴史」です。この3つの項目に注目し、深田さんが選んだ山がこの著書に載っています。
この基準の他にもうひとつ、標高が1500m以上の山となっているのも特徴的です。

日本の文化に深く関わる山

深田さん曰く、山の品格には人の性格と同じように、誰からみても素晴らしいと感じられるような姿をしている山。
山の歴史は、日本古来から人々と深い関わりを持っており、崇拝され続けている山。
山の個性は、山の形容や伝統といった芸術作品としての山の姿をみたものとなっています。
第一基準を品格、第二基準を歴史、第三基準を個性として日本中の山を調べ、選定しています。
日本百名山は、ただ山として有名になっているものではなく、様々な視点からみた山の姿を現しているものではないのでしょうか。本当の山と日本人との関わりを深く考えて書かれた本となっています。
登山家たちの間でも知らない人はいないほど有名な本であり、ホームページでもよく紹介されています。
日本百名山で挙げられている山は、都道府県すべてから選出されているわけではありません。主に、東北地方の山々が多く、北海道では、9座記載されています。
西日本の山は少ない傾向があります。
この日本百名山を参考とし、深田ファンによってつくられた日本二百名山が正式に「日本三百名山」として制定されたのも有名です。