ヒザが痛くなってしまった

ヒザが痛くなってしまった

ヒザの痛みを解決する方法をご紹介

登山で気をつけたいのが怪我です。
怪我は大きなものでは骨折などありますが、頻繁に起こるのが『ヒザの痛み』です。
今回はそんな登山中のヒザの痛みを解決する方法を紹介します。

 

登山中にヒザが痛くなるのは、ひねったり、勢いで岩や大きな石にぶつかってしまうトラブルからはじまります。
「ちょっとヒザを痛めてしまっただけ…。」そんな甘い状態ではないかもしれません。

 

登山中にヒザが痛くなるのは、靭帯を傷つけたり、足の半月板を損傷している可能性があるからです。
靭帯や半月板は登山に慣れていない人がダメージを受けやすい場所だからです。
これらを痛めた場合は、患部を刺激しないように、下山するようにしましょう。

 

ヒザが痛くなったら、応急処置をして、速やかに下山するのがおすすめです。
これは捻挫と同じように、テーピングテープでも補強が重要になります。
テーピングテープでヒザの痛い部分を固定すると、痛みが軽減され、下山するのが楽になるからです。

 

また、最近の登山用品では、テーピングや包帯を巻くのが苦手な人用の救急セットも売られています。
薬局やアウトドア用品のスタッフに、そういった手軽にヒザの痛みを解決できる商品を教えてもらうのもいいでしょう。

 

もちろん、ヒザの痛みを防ぐにはきちんと自覚を持って登山を行う必要があります。
1人で山に入らなかったり、岩場や危ない場所に好奇心で行かないように心がけましょう。
登山では1つのミスが大怪我に繋がってしまいます。
ヒザの痛みという登山のミスも放っておけば大怪我に発展する可能性があります。

 

ヒザの痛みを初めとする怪我には十分注意しておく必要があります。
怪我に注意して楽しく山の自然を満喫しましょう。