富士山の登山ルート

富士山の登山ルート

富士山の登山口は全部で4つ、4ルート

富士宮ルート

世界文化遺産として2013年に登録されたばかりの富士山は、日本を代表する名山です。
世界各国から登山家や観光客が訪れ、常に賑わいをみせています。
富士山を1度は登ってみたいと思う方もたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。富士山はそれだけ山としての魅力が大きいです。
美しく、神秘的で昔から日本人と深い関わりのある富士山。登ることができる時期は、7月上旬〜9月下旬までと決められています。
標高3776mもあり、高山病にかかる人も多く、登山には難関な山です。
富士山の登山口は全部で4つ。ルートも4つに分かれています。

吉田ルート

1番登山者が多いルートが、登山口が富士スバルライン五合目となる「吉田ルート」です。
標高は2300mとなっています。
このルートは登山と下山の道が別々に分かれているのが特徴的で、山小屋や救護所などの施設も充実しています。
七合目から岩場になります。

須走ルート

途中まで吉田ルートと一緒になるルートです。登山口は、須走口五合目となっています。
標高は2,000m。1番登山者が少ないルートとなっていますが、時期によっては混雑する場合もあります。
七合目まで樹林の中を歩いて登ることになるので比較的穏やかなルートです。
樹林帯を抜ければどこでもご来光を望むことができます。

御殿場ルート

吉田ルートと変わらず多い登山者が登るルートとなっています。
御殿場ルートの登山口標高は1450m。五合目からスタートします。
八合目まで火山砂利道をひたすら進むことになります。
他のルートと比べると混雑しないルートであり、唯一車での規制がないルートです。

富士宮ルート

富士宮口五合目(標高2400m)からスタートする富士宮ルートは、岩場が非常に多い登山道となっています。
最も標高が高い場所からのスタートとなっているまで、頂上までの距離が短いことが特徴です。
登山道と下山道が一緒になっているため、登り下りをする人で混雑してしまう可能性があります。
以上、富士山に登るには4つのルートがあるので、自分に合っているルートを選び、しっかりと登山装備をして登って下さい。
最近では観光客が軽装のまま登山をしている人が多いので非常に危険です。