富士山の登山で注意すべきこと

富士山の登山で注意すべきこと

富士登山での注意点まとめ

最近は登山ブームの勢いもあり、いろいろな地の山登りに挑戦する人も増えています。
現段階での日本における登山人口はおよそ500万人に達しており、日本人のおよそ25人に1人の方が毎年1回は登山を行っていることになります。
登山を行う山も様々ですが、その中でも人気が高いのが富士山です。
富士登山に挑戦する人も毎年増えていますが、登山を行う時はいろいろと注意すべきこともあります。

 

■登山をする時に注意する点について

 

実際に登山をする人の中には初心者の方も多くなっています。
そのため、登山に必要となる基本的事項をよく理解しておく必要があります。
まず登山をする時は、始めからペースを早めないようにしましょう。
特に初心者は早く登頂したいと言う気持ちが強まり、必要以上の速度で登ってしまうこともあります。当然そのようなペースでは体力が続くはずもありません。
そのため最初は息が切れないペースで登ることを意識してください。

 

また気がつきにくい点ですが、トイレが予想以上に混んでいることも頭に入れてください。
山のトイレポイントは限られていますので、事前に頭に入れておく必要があります。
特に日の出前や日の入り直後の富士山頂でのトイレには、長い列ができることあります。
そのため休憩場所やトイレの場所などをよく確認して、計画的に行動することをお勧めします。

 

また水やお湯も用意しておいてください。富士山の登山では高山病対策も必要になります。
高山病になった場合、低体温症になることもあります。
そう言う時、暖かい飲み物があれば便利です。常に携帯しておいてください。
このように富士山の登山ではいろいろと注意すべき点がありますので、登る時は気をつけるようにしてください。