初心者がまず用意するべき登山用品

初心者がまず用意するべき登山用品

初めての登山、そろえるならまずこの登山グッズから

登山用品といっても色々あるので、初心者がまず何から用意するべきかというのは、難しいところです。
迷うようなら、最初はレンタルを利用するのが手軽でいいかもしれません。レンタルショップで、初心者向けのセットを用意してくれているので、ショップの店員さんに相談してみるといいでしょう。
自分で買う場合には、登山靴、ザック、雨具あたりが、まずは必需品になります。

 

■登山靴

 

登山では、街中を歩くのとは異なり、岩場があったり木の根があったりして、路面にかなりの凹凸があります。
足首までしっかりホールドしてくれる登山靴を履くことで、捻挫などのケガを予防することができます。
また、登山のための靴には、すべりにくい靴底であったり、高い防水性であったりといった登山のために求められる性能があります。これらを満たすのが、登山靴です。
普通のスニーカーをはいて行けるのは、せいぜいハイキング・ピクニック程度です。
「登山」をする場合には、登山靴は必ず用意しましょう。

 

■ザック

 

日帰りの軽い登山であれば、手元にあるリュックサックでも事足りるかもしれませんが、ある程度本格的な登山をする場合は、ザックも必須です。
体にフィットして、しっかりと密着するザックは、重量を腰・肩・背中に分散させて、荷物を軽く感じさせてくれます。
ザックを選ぶときは、できるだけ実際に背負ってみて、自分の体に合ったものを選びましょう。
登山の上級者は、登る山の性質に合わせた容量の異なったザックを複数持っている場合が多いのですが、最初は20〜30リットル程度の容量のものを一つ用意すればいいでしょう。

 

■雨具

 

山の天気は変わりやすいといいます。濡れたままの衣服で行動することは、不快なだけでなく、著しく体力を消耗します。雨具は必ず用意しましょう。
傘は、手がふさがってしまうので、登山には向きません。必ず、レインウェアを用意してください。
ポンチョタイプのものは、風が強いときには、めくれあがってしまって役に立ちません。
必ず、上下に分かれたセパレートタイプのものを選んでください。
登山では汗をかきますから、雨に濡れないというだけでなく、内側の湿気を逃がしてくれることが非常に大切です。
機能性に優れた素材を使用したレインウェアは、それなりのお値段になりますが、ここはお金をかけるべきポイントです。