登山届・登山計画書ってなに?

登山届・登山計画書ってなに?

いざというときのために、登山届を提出しよう

登山をする際に、忘れて欲しくないものとして、登山届・登山計画書というものがあります。
呼び方として二通りありますが、同じものです。登山の計画を書いたものなので「登山計画書」といい、これを登る山を管轄する警察署に提出するため、「登山届」という場合もあります。登山届・登山計画書の二種類を作成しなければならないというわけではありません。

 

さて、この登山届・登山計画書ですが、基本的には作成・提出が義務付けられているわけではありません。つまり、作成するもしないも、提出するもしないも任意であるのが普通です。ただし、一部の自治体では、条例(登山条例)で作成・提出を義務付けている場合があります。

 

もっとも、作成・提出が任意であるといっても、登山届・登山計画書は是非とも作成・提出しておくべきです。
登山届が出されていると、万一、遭難事故が起こった場合に、初動捜索が容易になり、救出活動も行いやすくなります。もし、届けが出ていなければ、遭難したことが発覚するまでに相当の時間がかかったりすることもあるのです。
実際の遭難事故でも、登山届が出されていなかったために、捜索が難航する事態が多く発生しています。

 

■登山届・登山計画書の書式

 

基本的に書式は自由です。一部の自治体では、ホームページなどで書式を公開していますので、それらを利用するといいでしょう。
記入する事項は、
登山者の氏名・性別・年齢・住所・携帯電話番号・緊急連絡先(家族や友人)
登山ルート
登山日数、入山予定日時、下山予定日時
持参する食糧の数量などです。
また、非常時は、どの山小屋に泊まるのか、どのルートで下山するのかといった非常時の対応の予定についても記入するようにします。

 

■提出先

 

登る山を管轄する警察署へ提出します。郵送やFAXのほか、インターネットで提出できる場合も多くなっています。
また、登山口には、提出箱が設置されていることが多く、登山口近くの交番でも受け付けています。登山口の最寄りの駅に提出箱がある場合もあります。
そして、大事なことは、警察署へ提出するのとは別に、友人や家族にも一部預けておくことです。

 

近年、山での遭難事故は増える傾向にあり、特に中規模の山での登山や、低山での山歩きでの事故が多くなっています。
低い山だから、日帰りだからと甘く見ることなく、登山計画をしっかり立てて、届けを出してから、登山を楽しむようにしてください。