登山に必要な救急セットの中身って?

登山に必要な救急セットの中身って?

いざというときにこれだけは持っておきたい救急用具

山では何が起こるか分かりません。登山の最中でケガをしたりして、動けなくなってしまうこともあるかもしれません。救助を求めるにしても、最低限度の応急手当ができる準備はしておくべきです。
また、自分がケガをする場合だけでなく、同行者がケガをする場合や、他の登山者がケガをして立ち往生しているところに居合わせることもあります。
そんなときに必要なのが救急セットです。救急セットには、どんなものを入れておくべきなのでしょうか。

 

1.三角巾
骨折したり、脱臼したりした箇所を固定するのに使ったり、様々な使い方ができます。
使い方を知らない場合が多いと思いますので、事前に使い方を調べておくことをおすすめします。

 

2.滅菌ガーゼ
大きめのものを入れておき、使うときに必要な大きさにカットするようにすると、様々な用途に使えます。

 

3.手袋(ビニールあるいはゴム製のもの)
山の中では、ケガの手当てをしようにも、手が汚れていることが多いです。
衛生のため、手袋も救急セットに入れておくといいでしょう。

 

4.テーピングテープ
捻挫した足首の固定などに使えるのはもちもんですが、傷口のガーゼを固定したり、様々な用途に使えます。
壊れた登山靴を、テーピングテープを使って応急修理したという話も聞きますので、セットに入れておくと思わぬところで役に立つ可能性もあります。

 

以上が、基本的なセットの中身になります。他には、ちょっとした切り傷や擦り傷のために絆創膏を入れておいてもいいですし、消毒薬を入れているという人もいます。

 

これ以外の医薬品なども必要に応じて持っていってもいいのですが、登山の際には、無理は禁物です。例えば、頭痛を薬で抑えながら登山を続けるといったことは止めましょう。体調の異変を感じたら、下山するようにしてください。
また、薬は、体質や、その人が服用している薬との関係で、使えない場合があります。自分が持っている薬は、安易に他人に使わないようにしてください。