登山に持っていくのにおすすめのカメラは?

登山に持っていくのにおすすめのカメラは?

丈夫さと性能がポイント!登山に持っていくカメラ

おすすめのカメラをご紹介する前に、登山のときに使うカメラに要求される性能について考えてみます。もし、撮影ポイントまではカメラをザックに入れておいて、撮影時にだけ取り出して使うというのであれば、あまり特別な性能は必要ありませんが、登山の最中に首にかけておいたりするのであれば、普通のカメラではちょっと心もとないものです。
そこで要求される性能ですが、まず、登山の際に使うということは、野外で使うということなので、防塵性が欲しいものです。ちょっとした砂粒が入り込んだだけで故障してしまうのでは、登山中に使うにはストレスになります。さらに防滴(防水)性があると、急な雨でも故障することがありませんし、水辺も安心して使えます。
これらの性能を満たした上で、カメラとしての性能(画素数など)が高ければいうことはありませんが、あれもこれもと欲張っていると、大変高価なカメラを買わなければいけないことになりますので、適当なところで妥協するのも必要です。

 

■一眼レフ

 

本格的な写真を撮りたい場合は、一眼レフを持ちたいものです。
このタイプでは、RENTAXのK-50がおすすめできます。エントリー機としての位置づけなので、価格があまり高くないのも魅力です。また、単三電池が使用できるのも、バッテリーが切れる心配をしなくて済み、使い勝手を良くしています。カメラ女子なんて言葉もありますが、カラーバリエーションが豊富で女性が持つにもいいカメラです。

 

■コンパクトデジカメ

 

特に写真が趣味というわけではなく、登山の記念に写真が撮りたいという人は、コンパクトデジカメで十分だと思います。非常に多くの種類があるので、一つをおすすめするのは難しいのですが、例えば、NikonのCOOLPIX S32は、水深10m、60分までの防水性能を備えています。耐衝撃性能にも優れているので、かなりタフな使い方ができます。例えば、川に落としても大丈夫なので、水辺の撮影にはうってつけです。

 

ここに挙げたのは、あくまでも一例です。カメラを選ぶのも楽しみの一つなので、参考程度に考えてください。