海外登山の基本

海外登山の基本

目的を決め、登るべき山を決めよう

海外登山は日本でなかなか情報が集まらないので難易度が高い存在。
そう思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、日本の山も海外の山もきちんと準備をして登り、山の自然を体験し、自分を見つめなおす登山の楽しさは変わりありません。

 

海外登山の基本は、自分に合ったコースやスケジュールを組む必要があります。
日本の登山以上に旅行にどうスケジュールを組み込むか?
これを考えないと、海外登山はできません。

 

1日で終了するハイキングのような登山にするのか?
それとも5000メートル以上の海外登山にチャレンジするのか?
これだけでも海外に滞在する時間に差が生まれます。

 

海外登山の基本は、自分がどんな山に挑戦し、どれくらい滞在することになるのか?
まずはそれを考えましょう。

 

次に考えなければならないのは、何処の山に登るか?
これを考えなければいけません。

 

5000メートル以上の山を例にしてもいろいろな場所に存在します。
東南アジアやヨーロッパ、南アメリカなど地域によって登山の魅力は異なっていきます。

 

日本では海外の登山情報を集めるのが難しいので、トレッキング専門の旅行代理店を活用し、情報を集めましょう。
自分の目的をトレッキング専門の旅行代理店スタッフに相談すれば、必要な情報を教えてくれます。

 

ガイド付きでないと登れない山かもしれませんし、国によってはホテルの予約も簡単にはいかないかもしれません。
もしかしたら、自分が探した国の山が目的にマッチしていない可能性も出てきます。
そうした意味でもトレッキング専門の代理店での相談は重要な意味を持つでしょう。

 

世界の山に挑戦する基本は、自分の目的を決め、その目的を達成する国の山を見つけることです。
一人で悩まず、詳しい人に相談する姿勢が重要です。