ヨーロッパ

ヨーロッパ

スイスのアルプス登山

ヨーロッパの登山はアルプスがおすすめです。
モンテ・ローザ、グランド・ジョラス、モン・ブラン、マッターホルンなど登山に詳しくない人でも知っている有名なアルプスの名峰が有名です。
登山が好きなら、こうしたアルプスの名峰を登ってみたいと思うものでしょう。

 

そんなアルプスはヨーロッパのイタリア、スイス、フランスの国境に位置しています。
アルプス山脈の西部にある山々で、スイス側から訪れるのが一般的です。

 

九州ほどの広さを持つ国土の6割が山岳地帯になっているスイス。
そこは登山に適した環境を備えています。

 

山を登る登山電車なのに、日本の首都圏のような網目のごとく張り巡らされた交通網をそなえ、ケーブルカーやロープウェイでスイスの絶景を楽しむことができます。

 

麓でアルプスの雄大な山々を見るのも素敵ですが、登山好きなら登らなければ意味がありません。

 

初心者でもゆるやかで歩きやすいコースもあるので、そうした歩きやすいアルプス登山のコースを歩いてみるのもいいでしょう。

 

夕焼けに染まるマッターホルン、大きな岩場のあるアイガー、登頂が難しいが人々を魅力してやまないマッターホルンなどスイスの観光ガイドに必ず掲載されている有名スポットです。

 

スイスのアルプス登山コースは様々です。
1時間から2時間の短いコースから、一日以上かけて山を登るロングコースも存在します。

 

スイスは登山を観光資源にアピールしているので、宿泊施設も充実しているのも魅力的です。
山小屋の数も多いうえに、登山を終えた後に麓のホテルや宿泊施設でゆっくり身体を休めることができるでしょう。

 

また、ヨーロッパの山々では登る時期が重要になります。
アルプスの残雪や降雪によってずれ込む場合おありますが、植物が咲き、気候が安定する6月下旬がお勧めです。