山小屋で泊まるときの注意点

山小屋で泊まるときの注意点

山小屋で泊まるときはルールを守ろう

泊りがけで登山をする場合

 

初めての登山から泊りがけで登山をするという方も中にはいるかもしれませんが、泊りがけで登山をする場合は、いくつかの宿泊手段があります。山小屋は泊りがけで登山をする方の休憩所や、天候が悪化した際の避難スペースとして活用されており、人気のある山では大勢の方が利用しています。山小屋で泊まる際は、登山と同じくルールを守って利用する事が求められるので、特に初めて山小屋を使うという方は、周りの人に迷惑をかけないためにも前もって注意点を調べておきましょう。

 

山小屋のルールをチェック

 

山小屋にはそれぞれ違ったルールがあり、前もってチェックしておくことが大切です。例えばはじめから宿泊を予定しているなら、前もって予約しておかないと宿泊スペースを確保することも出来ませんし、予約さえしておけば山小屋によっては食事も提供してくれます。予約したスペースも他の登山客と共用になることも多いので、他の人のスペースを占有しないようにすることも大切です。最近は施設が充実している山小屋も増えていますが、中には何も無いただの小屋に宿泊することもあるので、前もって山小屋の設備についてもチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

環境整備は自分の仕事

 

基本的に山小屋は不便なものなので、快適な環境で過ごしたいなら、自分で環境整備を行うことが大切です。共有スペースで寝る場合、周りの人のいびきや寝息がうるさいことも多いので、事前の準備として耳線を持っておくと便利ですし、用意されている寝具の質が良くないこともあるので、トラベルシーツやインナーシーツもあったほうが良いかもしれません。その他にも非常に早い消灯やトイレの行列など、山小屋らしい不便がたくさんあるので、それらに対しての心構えも前もってしておきましょう。