もし怪我をしてしまったら

もし怪我をしてしまったら

ムリしないことが大切

山中の怪我は危険

 

登山は十分な準備をして、余裕を持って登るようにすれば問題なく楽しむことが出来ますが、それでも何かの拍子に怪我をすることはあります。山中の怪我はすぐに治療できる環境ではないので、症状が悪化してもすぐに対処することが出来ません。軽い切り傷でも雑菌が入ることもありますし、足に何らかの怪我を負った場合は、重傷になると動くことすら出来なくなってしまうので、これから登山を始めるという方は、万が一怪我を負ったときにどう対処すれば良いのか覚えておきましょう。

 

救急セットは忘れず用意

 

登山に行く際は、必ず救急セットを用意しておくようにしましょう。怪我なんて負わないと思って手ぶらで来る方も少なくありませんが、普段身体を動かしていない方は特に脚に負担をかけてしまいがちなので、慣れない靴で靴擦れを起こしたり、うっかり足を踏み外して捻挫したり、骨折してしまうというケースが多発しています。そうした怪我を負っても救急セットがあると、簡単なテーピングやアイシングといった応急処置が出来ますし、絆創膏が数枚あるだけでも靴擦れの痛みを抑えることが出来ます。

 

無理せず下山を

 

怪我をして少し身体に違和感を感じるなら、山頂が近くても無理せずに下山するようにしましょう。はじめのうちは症状が出なくても、しばらく経つうちに症状が悪化することも多いので、早めに治療を受けるためにも無理は禁物です。初心者向けのなら標高も低く、無茶もしがちですが、標高が高い山だと高山病などに掛かる方も出てくるので、これからのためにも危険を感じたら下山するという習慣をつけましょう。足に怪我を負った場合はしっかり怪我をした箇所を固定すると、下山の際も負担を最小限に抑えつつ移動することが出来ます。