初めての登山

初めての登山

計画をたてて登ろう

初めてだからこそ慎重に

 

登山は若者からお年寄りまで挑戦できるアウトドアスポーツです。景色を楽しみつつ山頂を目指す楽しさは、一度体験すれば病み付きになること間違いありません。生まれて初めて登山に挑戦したいという方は、どこから手をつけて良いか分からないかと思いますが、初めての登山だからこそ慎重に準備を進める事が大切です。知識や体力が無い人がいきなり難易度の高い山に登ると、大抵は途中で挫折するか、周りを見る余裕も無くなります。ひどくなると遭難することもあるので、準備期間は十分確保しておいて損はありません。

 

経験者がいる場合

 

初めての登山に挑戦する際、周りに経験者がいるのであれば、その方に手ほどきを受けるのがオススメです。登山を始めるにあたり、準備しておくべきことを経験則から教えてくれますし、同行してくれれば何かあった時も強い味方になってくれるでしょう。もし経験者が周りにいないのであれば、初心者向けの登山ツアーを企画している旅行会社もあるので、この機会に色々なコミュニティーを広げて、多くの人と一緒に登山を楽しんでみましょう。

 

計画はきちんと立てて

 

個人で登山に挑戦する際は、計画をきちんと立てることが大切です。例えばガイドブックを参考にする際は、初心者で体力も無いことを考慮して、標高が低い初心者向けの山を探すと共に、道に迷うことの無いように登山ルートも明確に決めましょう。装備もはじめは本格的なものでなくても良いので、歩きやすい登山靴や服装、、食事や雨具、水筒や地図といった、登山に必要となるグッズを収納できるリュックなどを前もって準備してください。入念な準備はそのまま登山の成功に繋がるので、ここを蔑ろにすることだけは避けましょう。