熱中症の予防と対処法

熱中症の予防と対処法

熱中症の予防方法

登山には怪我やトラブルに注意が必要です。
転倒による足の怪我や捻挫や骨折など、挙げればキリがありません。
今回紹介するのは登山中に起こる熱中症です。
自分は気をつけているから大丈夫と考えないで、きちんと登山中の熱中症を理解しておきましょう。

 

登山で熱中症が起こる原因は、水分や塩分が不足したり、熱が体内にこもってしまうことが原因です。
高温により体内の血管が拡張したり、水分や塩分が不足すると、熱中症の症状が現れます。

 

熱中症の症状として、めまいや手足の痙攣、失神、頭痛や吐き気、けだるさが身体を襲います。
重症になると、意識障害や呼吸困難になる可能性もあります。
ただの熱中症と甘くみないで、適切な対処や予防をするようにしましょう。

 

熱中症の原因は、熱が体内に溜まってしまったり、水分や塩分が不足することで起こります。
ですから、まず衣類の調節で身体の体温を下げましょう。

 

蒸し暑いところでは半袖になったり、長袖を袖まくりにしたりして、少しでも身体の体温を下げるようにしましょう。
通気性のいい長袖を着用するのも方法の1つです。

 

また、水分を取り、汗をかくことも熱中症予防に繋がります。
汗は体温を下げる効果もあり、身体の老廃物を排出してくれます。
しかし、水分や塩分が不足すると、汗をかかなくなり、血液もドロドロになります。
そうならないためにも、スポーツドリンクなどで水分補給をしたり、のど飴や梅干で塩分も補給するようにしましょう。

 

山では気軽に水分を取ることができませんが、だからといって我慢しすぎは問題です。
高地では平地の倍以上の水分が必要になります。
きちんと水分を準備して、登山に臨むようにしましょう。