高山病とは

高山病とは

高山病の症状

趣味で山登りをする人が増えてきました。
それによって、現地で問題になっているのが登山者の高山病です。
名前は知っているけど、どんな症状なのかまではわからない。
そんな人も多いのではないでしょうか。

 

登山病は、2500メートル以上の高い山に登ったときに発症する病気です。
症状としては、6時間から数日以内に頭痛や食欲不振、めまい、呼吸困難などを訴えます。
これらは高い山に特有の低酸素状態が原因です。

 

高い山は地上と比べて酸素が少ないですし、慣れない登山の疲れなども高山病の原因です。
高地まで登るスピードが速かったり、紫外線や乾燥や寒冷地に慣れていない事が高山病の発生を誘発するのです。

 

高山病は『ただ疲れているだけ……』と見過ごしてしまいそうになりますが、重症の場合はすぐに適切な治療が必要な病気です。
高地脳症と言われる強い症状の高山病の場合は、言語障害や幻覚、異常行動を起こす場合もあるからです。
意識障害が進むと、肺水腫や呼吸困難などが見られてしまいます。
こうなる前に適切な治療が必要になります。
たかが高山病……と侮ると命取りになりかねません。

 

通常の高山病は高い山に到着してから、6から12時間で発症します。
それから2から3日に症状のピークが起こり、4から5日はゆっくりと消失していきます。
症状が激しい場合は、ゆっくりと安静にして、保温や酸素吸入で症状の経過を観察するようにしましょう。
高山病の原因は慣れない登山の疲れと低酸素状態にあるからです。

 

もし、安静にしていても呼吸困難や脈拍の乱れがあった場合はすみやかに下山することをお勧めします。
脈拍が著しく高かったり、呼吸に激しい乱れがある場合は酸素吸入をして行動を開始しましょう。