トムラウシ

トムラウシ

トムラウシ(北海道)

トムラウシ山
トムラウシ
標高 2,141
所在地 北海道川上郡美瑛町
位置 北緯43度31分38秒 東経142度50分56秒
山系 大雪山系(石狩山地)
1934年、大雪山国立公園特別保護地域に指定

トムラウシ山頂からの景色は文句なし、最高の気分にさせてくれる山

北海道で登山者にも人気の山、日本百名山のトムラウシ。この山は火山であり山頂には噴火口がありますが、現在火山活動は完全に停止しています。

沼や湿原が点在しており、夏季は美しい高山植物が楽しめます。山頂部には「ロックガーデン」と呼ばれるスポットがありナキウサギの生息地としても有名です。

トムラウシ山に登る

大雪山国立公園の中央にどっしりと構える雄大な山。その山頂を目指す理由は「そこに山があるから」という理由だけで山へ向かう山好きでなくとも訪れる価値のある風景が広がっています。

頂上付近に点在するお花畑や池沼の数々。日本庭園、トムラウシ庭園、黄金ヶ原、庭園と名付けられるほどの見事な景観が楽しめるのです。トムラウシの名前の由来のひとつに「花の美しいところ」とされているものがありますがそれも頷けます。

登山ルート

山頂まで最短のルートである新得町からのルートを健脚者が登っても6〜7時間かかり、山小屋等の設備も少ないため十分な装備と経験が必要です。

一番人気のある登山ルートは北の表大雪方面から登ってくるコースです。山頂までの行程は1泊でも可能ですが、景色を楽しむためには2泊はしたいところです。下山まで含め最低3泊は必要で、シーズン中は山小屋もいっぱいになるためテント泊が無難です。

過去に悲惨な遭難事故が

人里離れた奥深い山ですが、それ故に美しい高山植物などが手付かずで残されており大変人気の高い山です。

初心者向きではなく難易度は高いと言える山ですが、多くの登山者がその絶景を求めて訪れます。

過去には悲惨な登山事故があったことでトムラウシの名は有名になってしまいました。準備を怠らず、無理をしない登山計画が絶対に必要です。

「トムラウシ」その不思議な名前の由来

アイヌ語が起源

北海道には不思議な名前の地名がたくさんありますね。長万部(おしゃまんべ)、屈斜路(くっしゃろ)など。それは現地アイヌ民族の言葉が起源になっているということは有名な話です。後に無理やり当て字にして現在の地名になっています。また当て字にせずカタカナ表記のままの地名も多くあります。北海道の地名について調べてみるととても興味深いですね。また機会があればこのあたりも掘り下げたいと思います。

トムラウシ=水垢の多い川

トムラウシ山とは、アイヌ語で「花の多いところ」という意味や「水垢の多いところ」という意味だと言われています。高山植物が楽しめるトムラウシですからぜひ前者であって欲しいですね(笑)

また「富良牛山」という表記もありますがこれは当て字です。