白馬岳

白馬岳

白馬岳(長野)

白馬岳(しろうまだけ)
白馬岳
標高 2,932
所在地 北安曇郡白馬村
富山県黒部市、下新川郡朝日町
位置 北緯36度45分31秒
東経137度45分31秒
山系 飛騨山脈(後立山連峰)
日本最大の雪渓と高山植物

後立山連峰の主峰

日本最大の山小屋「白馬山荘」があり収容人数は1200人で多くの登山者が訪れます。

また日本最大の雪渓、白馬大雪渓は夏でも多くの雪が残っておりそれを目当てにしてくる人も多いです。

高山植物が非常に豊富にみられ人気の高い山です。

白馬岳に登る

大雪渓や高山植物のお花畑、雄大な景色は見どころが多く、夏の最盛期には大雪渓を歩く行列が風物詩となっています。

白馬岳の登山ルート

白馬岳を中心に周囲の山への縦走ルートの一部をご紹介いたします。あくまでもモデルルートですので各人の体力や経験に応じて無理の無い登山計画のもとに行いましょう。

  • 白馬大雪渓から白馬岳山頂、栂池自然園へ下山(1泊2日)

    【1日目】猿倉→白馬尻小屋→白馬大雪渓→白馬山荘

    【2日目】白馬山荘→白馬岳山頂→三国境→小蓮華山→白馬大池山荘→天狗原→栂池自然園

  • 白馬三山縦走と秘湯鑓温泉へ(2泊3日)

    【1日目】猿倉→白馬尻小屋→白馬大雪渓→白馬山荘

    【2日目】白馬山荘→白馬岳→杓子岳→白馬鑓ヶ岳→白馬鑓温泉小屋

    【3日目】白馬鑓温泉小屋→小日向山→猿倉

  • 上級者向け白馬三山縦走と不帰越え(2泊3日)

    【1日目】栂池自然園→天狗原→白馬大池→小蓮華山→三国境→白馬岳→白馬山荘

    【2日目】白馬山荘→杓子岳→白馬鑓ヶ岳→天狗山荘→不帰キレット→唐松岳→唐松岳頂上山荘

    【3日目】唐松岳頂上山荘→八方池→八方池山荘

山の名前「白馬」は「はくば」か「しろうま」か

白馬岳の名前の由来は春になり雪解けし、岩が露出した部分が「代掻き馬」の雪形が現れ季節の移り変わりを知らせていました。

白馬は代掻き馬→代馬から来ているという説が有力です。もともとは「代馬岳」だったのですが「白馬岳」の表記が使われるようになりました。

白馬村は「はくばむら」と読むこともあり、白馬という名前がついたスキー場や駅なども「はくば」と読むことが一般的になっています。