白山

白山

世界的評価を受ける自然環境

日本百名山の中で有名な山として、白山があります。
登山が趣味の方の中には、山登りの経験がある方も多いことでしょう。
美しい自然もたくさんありますので、訪れる人も多くなっています。

 

■多くの登山客から親しまれています

 

白山は最高峰である御前峰を中心として、大汝峰、剣ヶ峰、別山を主峰とした総称を言います。
この地は、昔は湖底にあったのですがその後徐々に隆起し、たくさんの噴火を繰り返して現在の姿になりました。
白山は石川、岐阜、福井、富山の4県にまたがった山であり、現在は国立公園として多くの登山客から親しまれています。
また国立公園以外にもユネスコの生物圏保存地域に指定されており、白山の自然環境は世界各国で高い評価を得ています。
白山は頂上付近に存在している高山植物が魅力的であり、高山植物が咲き誇る景観は絶景です。
また頂上から見る景色も格別で、北アルプスから昇る太陽はまさに感動ものです。
最高点の御前峰には、白山比盗_社奥宮があり多くの人が訪れています。
白山は、立山と富士山と共に日本三名山として知られており、現在は石川県のシンボル山として人気も高くなっています。

 

■白山の登山道について

 

白山では3つの登山道がよく利用されています。いずれの登山道でも、たくさんの高山植物を見ることができます。
まず砂防新道です。こちらは所要時間も短く、日帰り登山に適しています。
そして観光新道は展望もきれいで、下りコースとしてよく利用されています。
また平瀬道は大白川ダムが起点となっており、北アルプスの展望が特徴です。日帰り登山コースとして利用されています。
白山の3つの登山道は利用者も多く名所もたくさんあります。